2017年04月02日

私はど根性ガエル?

名古屋ウィメンズマラソンを完走してから、凄い!と友達に褒められることが多くて、タイムは遅いのよ〜と言っても、そんなの関係なく称えてくれるので、なんだか子供が大人に褒められているような、不思議な幸せを感じる今日このごろです。

「フルマラソン完走なんて凄すぎ!よくがんばったね。しかも怪我して、復活して、根性あるという言葉があるけど、まさにど根性ガエル!!」と友達に言われて、大爆笑しました。

努力だー!根性だー!なんて言葉は好きではなかったのだけど、私はいつからど根性ガエルになったのかしら?(笑)
トライアスロンが好きになり、ハマった。ハマる=夢中になる=根性が出る。まずはハマることが根性の始まりなのね〜。

トライアスロン仲間は、マラソンは普通に完走してタイムを狙うような人が多くて、フルマラソンはトレーニングの一つくらいに考えたりするので、私もすっかりその世界に慣れてしまっているのだと気付きました。もっと自分を労わろう。一歩外からみれば、42.195km走るなんて凄いことなのだから。

素直に喜びの余韻に浸っています。
たくさん褒められて、心身ともに癒されています。友達に感謝。

桜の開花と合わせて、また朝ランからスタートしようと思います。
ホップ、ステップ、ジャンプ!
ど根性ガエルはどこまで飛べるかな?マイペースで行きましょう。(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
posted by yururie at 10:30| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

人生の節目に

3月25日は次女の大学卒業式でした。
いよいよ二人の娘を社会へ送り出す時が来ました。
これで私は子育て終了です。

6031E727-D5E8-437D-9F15-09CF76D4F2DB.jpg

私にとって子育ては生きがいでした。思い出すのは娘達が幼かった頃のことばかり。
振り返れば、何度も子供達とシンクロして、青春を味わうことができた日々でした。
生まれてきてくれて、ありがとうと心から娘達に感謝です。

「今までたくさんの教育をありがとうございました。」と娘に言われて、目尻が下がり、頬が桜色になり、今までにない幸せそうなpapaの顔を私は忘れられない。こんな立派なことを娘から言われるとは思わなかったので、出来るかぎりのことはしてあげられたかな〜これでよかったのだな〜と私も幸せな気持ちになり、きっとpapaみたいな顔を私もしてたのでしょう。
娘のその一言がほんとうに嬉しくて、人生の節目に大きな大きな花束を貰ったように感じました。親ばかです。(笑)

これからは「なにがあってもこの子たちはきっと大丈夫。」という思いで、遠くから応援しています。
さあ、社会へ。がんばれっ。
自分の人生を自分でしっかり選択して、喜んで楽しんで歩んでほしいと思います。

私も役目が終わり、子離れして次のステージへ。
どんなステージ?自分を育てるのが一番難しいのよね。
娘達の声が聞こえる、、、ママがんばれっ!と。
なにがあっても大丈夫ではないのは、もしかして、あ・た・し?(汗)

がんばろっ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
posted by yururie at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

2017名古屋ウィメンズマラソン

大会から1週間が経過しました。
スイミングや水中歩行で身体を解して、温泉で温まり、疲労も回復しました。
身体に感謝です。

大会を振り返ります。
前日は早く寝たので、当日は朝4時半に起きて、お風呂に入り足腰をよく温めました。
私は寒いのが苦手。前日お会いした女性から、去年参加した時、スタートまでが寒かったと聞いたので。
トレーナーさんに教えてもらったストレッチをして、接骨院の先生に教えてもらったテーピングを膝、踵からふくらはぎ、腸腰筋にして、準備万端です。朝食はコンビニで買ったお茶、おにぎり、お赤飯、バナナ、バームクーヘン(意外とカロリー高いのよね)、出掛けにスポーツジェル。

7B35DFD1-AEC3-4113-8790-0C1964A46F31.jpg

会場オープンが7時15分だったので、遅くても7時半までには名古屋ドームへと思いました。
伏見駅からナゴヤドーム前矢田駅まで電車で20分くらい。大会の案内では、とても混雑するので1つ手前の大曽根駅から15分くらい歩くようにとありましたが、伏見駅で6時30分頃の電車に乗ったらそんなに混んでいませんでした。7時頃にはドーム前駅到着。すでにたくさんの人がいましたが、スムーズに更衣室の会場へ。更衣室は広くて暖かくて、リラックスできました。選手だけでなく、大会スタッフも女性が多いので、物腰が柔らかくて落ち着いて準備ができます。荷物預かりもスムーズに流れて、ドーム横の整列会場へ行きました。ブロックごとにたくさんのトイレが設置してあり、焦ることなく安心です。前の方のブロックがスタートしても、まだ今ならトイレ行けますよ〜とギリギリまで優しい案内で自分がスタートする直前までトイレに行けました。
なななんと!トイレ前で前日お会いした女性にまた会えました。「あーっ!会えた!がんばりましょう!」と嬉しかった。びっくり!

8時40分までに整列です。
スタート前にFB繋がりの友達に会うことができました。嬉しくて嬉しくて、思わずハグ!がんばりましょう〜!とパワーを頂きました。
整列して、ふと通路をみたら、あーっ!スポーツドクターでトライアスリートの奥井先生!「奥井せんせー!」と声をかけたら、「頑張ってください」と握手でまたまたパワーを頂きました。ドクターランナーで参加されていました。お会いできて心強かった。

約2万人の選手が集う中で、偶然にお会いできる確率はとても低いはず…
スタート前に会いたい人に会えたなんて、今日は何かに守られているような、不思議な気持ちになりました。

準備体操が終わり、9時10分スタート!です。
スタート前にピットインを飲みました。さあ行こう!

スタート手前のスクリーンに「不安や言い訳はここに置いて、さあ走ろう」のメッセージが!
最後に背中を押してもらったように、胸に響きました。

エイドは5kmごとにありました。
補給食のエイドは20kmからです。

5kmまではキロ7分。それ以降は出来るところまでキロ6分半と決めてスタートしました。
エイドで100歩あるく予定でしたが、前半は50歩くらい。
前半は元気なのでエイドで止まる歩くは忍耐が必要です。「今、エイドで止まって歩けば後半は楽になるはず!」と自分にいいながら。
しっかり全てのエイドで同じように繰り返しました。

トイレは約10kmと20kmの2回も行きました。前日たくさん水を飲んだからかも。(味噌煮込みうどんで喉が渇いた。笑)
補給は10kmごとにピットインを飲み、さらに間でショッツ(クエン酸)を飲みました。エイドはすべて食べました。(バナナ、パン、チョコ、ナッツ、お餅、ういろう、、、)
気温が高く暑かったようですが、私のペースでは後半でのどが渇いたくらいですみました。

私のペースはキロ6分半。
このペースが長く走り続けられる調度よいリズムと感じました。

コースは市内の広い道路でほぼ平坦。沿道では、学生のブラスバンドや和太鼓、小学生チアガールなどの応援がありました。最初から最後まで声援が絶えず、メッセージカードや力強い声援に何度も励まされました。心温かくて華やかな大会でした。

前半途中で、折り返しのエリート選手たちが反対側にみえて、こちら側の私達は大拍手で選手を応援しながら走りました。選手が選手を応援してお互いにパワーを送りあう光景に感動しました。

20kmまでは走れる自信がありましたが、それ以降はやってみないと分からない。
20km過ぎて「半分走れたら満足だ!と思えばその後ダメでも気持ち良くゴールできるはずだよ。」と娘に言われたことを思いだして、よしっ!やったぞ!と。それと同時に「30kmはがんばりましょう」というトレーナーさんの言葉を思いだして気合いが入りました。
このペースでまだ行ける!!

30km過ぎても足が前に出ないということがありませんでした。リズムも変わらず、それには自分でも驚きました。少しずつ心身ともに追い込まれる状況はとても久しぶりだったので、楽しもうとさえ思いました。どこも痛みがないのが嬉しい!遅いペースなので心肺はまったく問題なし。「今頑張らないでいつ頑張るんだ」という宇佐美先生の言葉を思いだしながら、前へ前へと頑張りました。ドクターランナーが見えるところで走って下さっていたので、ありがたく安心でした。

35kmからは後7kmは歩く覚悟でしたが、少しずつペースは落ちましたが、まだ走れる。
もしかしたら5時間切れるかも!と欲もでましたが、あくまで目標はマイペース!完走!です。

38kmあたりで、右ひざ上筋肉が痛みましたが、スプレーして復活してよかった。でも、2、3回、脚の筋肉がス〜ッと抜けてしまう感覚があり、嫌だな〜これは筋力の限界かも?ガクッと止まる前に歩こうと思いましたが、エイドで助かりました。あと少しだ!がんばれ自分!

とても辛い最後の2kmは沿道からの「おかえりなさ〜い!」の声援に励まされ、懐かしい佐渡のトライアスロンでのおかえりなさいを思い出しました。もう涙ウルウル。

あと1kmで名古屋ドームがみえてくると、疲れなんて感じません。
でもなかなかドームの入り口に辿り着かないーー!目指せ!ドーム!
あと少し!あと少し!あと少し!
入口手前のスクリーンに映し出された「この笑顔が強さの証明」「走って走って、手に入れたものは、ジブンを信じる力」のメッセージに去年の夏から今までずっと我慢していた涙が溢れました。号泣!

今日までよく頑張った!ケガも故障も不安もすべて乗り越えた!諦めずにやっと辿り着いた!
不安で不安で、ネガティブな想像を膨らめていた自分が遠く小さく消えていきました。
フィニッシュゲートはもちろん笑顔で!両手をあげて笑顔でゴーーーーール!目標達成です!

86803E61-6960-4404-A81D-FC4E5B55DF27.jpg

ティファニーのペンダントをもらいました。嬉しいご褒美です。イケメンから〜(笑)
今年のペンダントデザインは薔薇!私の宝物になりました。

3AB1E790-969F-4BD2-8B2E-595F48A6DE4C.jpg

公式タイムはまだわかりませんが、速報では5時間5分くらいでした。
6時間は超えるのを覚悟していたので、十分満足です。トイレなければ5時間切り?(笑)
思ったより走れました!気負わずに大会に臨めたのがよかったのでしょう。そして、無理のないトレーニングのお陰だと思います。トレーナーさん、接骨院の先生には大変お世話になりました。
心から感謝の気持ちでいっぱいです。

次回はしっかりトレーニングを積み上げて、チャレンジしたい。
ウィメンズでのゴールは、私にとって新しいスタートの一歩だと思いました。
ゆっくり休んでから、次は夏のトライアスロンに向けてコツコツと体作りを始めます。

大会後はもう一泊して、筋肉痛でヘロヘロの身体でしたが、折角なので名古屋城を見学しました。そして初日に食べれなかったひつまぶしのお店「備長」へ行きました。(笑)備長炭で焼いたうなぎは香ばしくて美味しかった。
初めての一人遠征で、すべて目標達成しました。
ナゴヤ!ありがとー。

シャバーニ君に会う!
ウィメンズで完走する!
行きたいお店で名古屋めしを食べる!
名古屋城の天守閣から名古屋の街を一望する!

posted by yururie at 18:22| Comment(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする